パンくず・パーソナルツール(ログイン者のみ)
現在位置: ホーム 健康・福祉 福祉医療 子育て支援医療制度

子育て支援医療制度

0歳から18歳までの方の医療費を助成しています

【対象者】

 遊佐町に住所を有する0歳~18歳までの方
 ※16歳(15歳に達する日以降の最初の4月1日)~18歳(18歳に達する日以降の最初の3月31日)の方で、進学等により町外の寮等に住所を移した場合であっても、保護者の別居監護とみなされる場合は、対象要件を満たすものとします。

【助成内容】

  • 所得制限はありません。
  • 医療機関の窓口で健康保険証と一緒に提示すると窓口で支払う医療費が無料となります。
※入院時食事代など保険適用外分については自己負担となります。


【申請について】

0歳~小学3年生まで



毎年、誕生月に更新の手続きをお願いします。(ご案内を通知します。)


◎手続きに必要なもの
 
  • 対象者(お子さん)の保険証
  • 印鑑
  • マイナンバー(被保険者とお子さん)
  • 手続きに来られる方のご本人確認ができるもの(運転免許証など)
  • 転入したときや被保険者が町外にいる場合、被保険者の源泉徴収票または所得証明書。国民健康保険の場合は、対象者(お子さん)を税法上扶養している方の源泉徴収票または所得証明書

小学4年生~中学3年生まで

毎年、3月末に医療証を郵送します。申請の手続きは必要ありません。
ただし、重度心身障がい(児)者医療証、ひとり親家庭等医療証をお持ちの方には郵送されません。

16歳~18歳まで

毎年3月末に医療証を郵送します。申請の手続きは必要ありません。
ただし、重度心身障がい(児)者医療証、ひとり親家庭等医療証をお持ちの方には郵送されません。

※町外に住所を移した場合、対象であるかどうか確認ができませんので、上記の【対象者】に該当される方は申請が必要となります。
在学の証明になるもの(在学証明書、合格通知書、生徒手帳など。写しで可)、対象者の健康保険証、印鑑を持参し、国民健康保険係へ申請してください。

【その他】

県外受診や医療証未提示により自己負担分を支払った場合

この医療証は山形県外では使用できません。一度自己負担分を支払っていただくことになります。医療証未提示により自己負担を支払った場合なども含め、領収書、印鑑、口座振込のための通帳、対象者の健康保険証をお持ちになって、国民健康保険係へ申請してください。後日口座に払い戻しされます。

学校管理下におけるケガについて
 

平成29年4月受診分より、学校管理下におけるケガなどで日本スポーツ振興センターの災害給付制度の対象となる場合は医療証を使用せず、一度自己負担分(2割または3割)を支払っていただきます。災害給付制度の手続きをすることにより医療費(2割または3割)+お見舞金(1割)が後日給付されます。
災害給付制度の手続きについては、学校、保育園にお問い合わせください。

 

 


 

この記事に対するお問い合わせ

担当課:健康福祉課
担当:国民健康保険係
TEL/FAX:0234-72-5875 / 0234-72-3317
 

山形県遊佐町役場

〒999-8301 山形県飽海郡遊佐町遊佐字舞鶴211番地 電話:0234-72-3311(代表) FAX:0234-72-3310
Copyright©Yuza Town All Rights Reserved.