パンくず・パーソナルツール(ログイン者のみ)
現在位置: ホーム 健康・福祉 障がい福祉 医療

医療

自立支援医療(更生医療)の給付

 
身体障がい者の障がい程度を軽くしたり、障がいを取り除いて日常生活能力や職業能力を
 高めるために必要な場合に、その医療費を公費で負担します。
 心臓・・・ペースメーカー・バイパス移植術、肢体・・・人工関節置換術、 じん臓・・・腎臓移植
 術・人工透析、肝臓・・・肝臓移植術・抗免疫療法などがあります。
 緊急を要する心臓手術などの場合は、身体障害者手帳の交付と自立支援医療(更生医療)
 給付の申請を同時に行うことができます。

 〇費 用・・・原則医療費の1割の自己負担があります。ただし、所得に応じて上限が決めら
         れています。

 〇手続き・・・ ①自立支援医療費(更生)支給認定申請書
         ②更生医療意見書・医療費概算額算出明細書(医療機関より)
         ③身体障害者手帳(心臓・じん臓・免疫機能障がいのみ同時申請可能)
         ④健康保険被保険者証(本人及び同じ医療保険に加入する家族分)
         ⑤印鑑
         ⑥障害基礎年金等収入が確認できる書類
         ⑦特定疾病療養受療証(じん臓機能障がいによる人工透析療法患者のみ)
         ①~⑦を持参して下記の申込先へ提出してください。

 〇申込先・・・健康福祉課 福祉子育て支援係



自立支援医療(育成医療)の給付

 
身体に障害のある児童に自立した日常生活又は社会生活を営むために必要な医療費を
 給付します。

 〇対 象・・・ ①肢体不自由
         ②視覚障がい
         ③聴覚・平衡機能障がい
         ④音声・言語・そしゃく機能障がい
         ⑤内蔵障がい(ただし手術により将来、生活能力を得る見込みがあるもの
           に限る)
         ⑥ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能障がい
         ①~⑥のいずれかを持つ満18歳未満の児童
 
 〇費 用・・・所得に応じて一部自己負担があります。

 〇申込先・・・健康福祉課 福祉子育て支援係


自立支援医療(精神通院医療)の給付

 
精神障がいの適正な医療を受けられるように、通院して精神障がいの医療を受ける場合、
 医療保険と公費で負担する制度です。

 〇対象医療・・・精神障がい及び精神障がいに付随する傷病に対して行われる医療が対象
           となります。(入院して行われる医療を除きます)
           申請できる医療機関と薬局は各1か所のみとなります。ただし、デイケア、
           精密検査、訪問看護については、他の医療機関でも追加申請できます。

 〇費   用・・・原則医療費の1割の自己負担があります。ただし、所得に応じて上限が決め
           られています。

 〇承認期間・・・1回の申請につき1年以内です。継続する方は、期間満了の3ヶ月前から
           申請できます。

 〇手続き・・・ ①自立支援医療費(精神通院医療)支給認定申請書
         ②自立支援医療費診断書(精神通院医療)
         ③同意書
         ④健康保険被保険者証(本人及び同じ医療保険に加入する家族分)
         ⑤印鑑
         ⑥障害年金等収入が確認できる書類
         ※②自立支援医療費診断書(精神通院医療)は、主治医が記入したもので
            3ヶ月以内に作成されたもの
         ※②自立支援医療費診断書(精神通院医療)は、更新申請の場合、病状と
            治療方針変更がない場合に限り、1年おきの提出となります。
         ①~⑥を持参して下記の申込先へ提出してください。

 〇申込先・・・健康福祉課 福祉子育て支援係

 

この記事に対するお問い合わせ

担当課:健康福祉課
担当:福祉子育て支援係
TEL/FAX:0234-72-5884 / 0234-72-3317
 

山形県遊佐町役場

〒999-8301 山形県飽海郡遊佐町遊佐字舞鶴211番地 電話:0234-72-3311(代表) FAX:0234-72-3310
Copyright©Yuza Town All Rights Reserved.