トップページ > 生涯学習センター運営計画

生涯学習センター運営計画

1. 運営方針

生涯学習のまちづくりのため、住民の参加を図りながら各種講座を開設するとともに、芸術・文化の振興、自主サークルの自主的な活動の支援、集会の場の提供、各種情報の提供等を図る。また、住民が主役となる「地域づくり・まちづくり」の推進にむけて、学習機会の提供と支援を行う。

2. 重点目標

(1) 多様な町民の学習要求に対応するため、住民の参加を図りながら各種講座を開設する。

◎町民の生涯各時期における、教養・芸術・文化に関する講座を開設し、広く町民に楽しく学ぶ機会を提供する。

◎自主サークル育成のための支援を行う。

(2)青少年の健全育成を推進するとともに、地域における仲間づくりや交流の場の 整備に努めることによ
      り、青少年の社会参加を促進する。

◎青少年の体験活動や団体活動を通し、地域の文化や自然に親しみ、異世代との交流深め、心豊
   かな青少年の育成とリーダーの養成に努める。

◎ボランティア活動を通し、人と人とのふれあいの大切さを学び、地域の様々な問題に対する関心を
   深め、社会の一員としての自覚を養う。

◎多様化した青年のニーズに対応した学習機会の提供・支援及びグループ育成を図る。

(3)郷土を愛する豊かな心と文化のある暮らしを実現するため、芸術文化活動の成果を発表する場や、鑑
      賞機会の提供を図るなど、芸術文化に親しむ町民の活動を支援する。

◎町民の芸術作品を展示し、芸術に対する意識の高揚と芸術文化の振興を図る。

◎様々な優れた芸術文化に触れるための事業を企画・実施する。

(4)生涯学習施設として機能の充実を図り、情報の発信と住民相互の交流の場を作る。

◎館内設備の利用にかかわる技術講習や資格取得のための学習機会の提供を行う。

◎図書館や歴史民俗学習館、旧青山本邸、語りべの館その他の教育関係施設との連携のもと、
   情報収集や提供を行う。

◎情報化社会に対応できるようにするため、IT(情報通信技術)に関する講座を開設する。

(5)地域づくり・まちづくりのため、関係団体との連携を図るとともに、人材育成を図る。

◎町内外各社会教育施設、各社会教育団体等と相互協議を図る。