パンくず・パーソナルツール(ログイン者のみ)
現在位置: ホーム くらし・住まい 上水道 冬期間の水道の管理について

冬期間の水道の管理について

冬期間は水道管の凍結により、機器の破損や水道管の破裂などが心配されます。
水道設備の管理を適切に行い、漏水等が起こらないようお気を付けください。

寒くなる前に

露出している管に保温材を巻く、水抜栓や保温ヒーターが正常に作動するか確認するなど、事前に準備をしてください。
長期間使用していない場合、水抜栓のハンドルが固着して動かせない、ヒーターの電気配線が断線して作動しない、などのトラブルが考えられます。
宅内に水抜栓やヒーターなどを追加する工事に関しては、水道指定店へお問い合わせください。

凍結が心配される場合

水抜栓を使用するなどして、凍結する前に対処をしてください。
給湯器の凍結防止の方法として、夜間に少しずつ水(お湯)を出すという方法が紹介されているものもありますが、凍結防止のために夜間に少しずつ出した水も水道料金に加算されますのでご留意ください。

冬期間長期に渡って水道を使用しない場合は、給湯器等の水抜きも忘れずに行ってください。
電源を落としたりして完全に停止させた場合、機器が持っている保温機能が働かなくなり、内部に残った水が凍結、漏水により機器が破損する可能性があります。水抜きの方法については機器の取扱説明書を参照するか、販売店等にお問い合わせください。

長期間水道を使用しない場合は、元栓を閉栓することをお勧めします。この場合は下記連絡先までご連絡ください。閉栓期間中は水道料金がかからなくなります。
(閉栓時に閉栓手数料1,000円を頂いております。)

凍結してしまった場合

床下や壁の内部の配管が凍結してしまった場合、直接触れることができないのですぐに解凍する有効な手段はなく、自然に解けるのを待つことになります。そのため、事前の準備が重要になります。
蛇口など見える範囲で凍結している場合、解凍するために直接熱湯をかけると、急激な温度差により破損したり変形したりする恐れがあります。タオルを巻いて少しずつぬるま湯をかけるなどして、ゆっくり解凍するようにしてください。また、通水後は再凍結を防ぐため水気をふき取ってください。

冬期間のメーター検針について

水道メーターの検針ができるように、メーター周辺の除雪にご協力をお願いします。
積雪により検針ができなかった場合は、前月の使用量を参考に推定値で料金を請求します。
(夏期でも、車などがメーターの上にあって検針できない場合に同様の方法で請求しています)
そのため、検針可能になった月の請求が平時より増減する可能性があります。予めご承知ください。


 

この記事に対するお問い合わせ

担当課:地域生活課
担当:上水道係
TEL/FAX:0234-72-5887
 

山形県遊佐町役場

〒999-8301 山形県飽海郡遊佐町遊佐字舞鶴211番地 電話:0234-72-3311(代表) FAX:0234-72-3310
Copyright©Yuza Town All Rights Reserved.