コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

グローバルナビゲーション
パンくず・パーソナルツール(ログイン者のみ)
現在位置: ホーム くらし・住まい ごみ・リサイクル スプレー缶等のごみの出し方について

スプレー缶等のごみの出し方について

 スプレー缶は中身を使い切って穴をあけずに資源ごみへ

スプレー缶のガスもれや誤った処理による火災が問題となっております。
ガスは完全にぬいてから資源ごみ出しましょう!
ガス抜きをする際は、以下のことを守って行ってください。

①缶をカラにする。
まずは使い切る!または中身を出してカラにする。

②缶がカラになったか確認する。

・缶を振って音を聞いてみる
・中身が残っていると『シャカシャカ』『チャプチャプ』などの音がする。

③ガス抜きキャップ等を使ってガスをぬく。
・製品に書いてある“ガス抜きキャップの使い方”をよく読む
 「ガス抜きキャップ」がない場合は、ボタンを押してガスを完全に抜く

・火気のない風通しの良い屋外で作業する
 屋内で中身を出すと、近くの火気や静電気で引火することがあり危険

・ティッシュや新聞紙などに吹き付けることで、周囲への飛散に配慮する

④資源ごみに出す。
穴をあけずに資源ごみに出す。
・プラスチック製のキャップ等はもやすごみに。


詳しくは、日本エアゾール協会ホームページをご確認ください。





 

この記事に対するお問い合わせ

担当課:地域生活課
担当:環境係
TEL/FAX:0234-72-5881 / 0234-72-3318
 

山形県遊佐町役場

〒999-8301 山形県飽海郡遊佐町遊佐字舞鶴211番地 電話:0234-72-3311(代表) FAX:0234-72-3310
Copyright©Yuza Town All Rights Reserved.