パンくず・パーソナルツール(ログイン者のみ)
現在位置: ホーム 産業・しごと 林業 遊佐町森林整備計画について

遊佐町森林整備計画について

市町村森林整備計画とは

 市町村森林整備とは、市町村の森林施策の方向森林所有者が行う伐採や造林などの森林施業に関する指針を定めるもの

です。都道府県が地域森林計画を樹立する年度に「市町村森林整備計画」を策定します。

計画は5年ごとにたてる10年を一期とする計画であり、適切な森林整備を推進することを目的としています。

                                     
 
                               下屋敷町有林

遊佐町森林整備計画_本文(PDFファイル)

遊佐町森林整備計画_参考資料(PDFファイル)

遊佐町森林整備計画_森林整備計画概要図、ゾーニング図(PDFファイル)









 また、市町村森林整備計画に従った森林の施業及び保護を確保していくために、森林法によって下記の措置が

講じられています。



伐採及び伐採後の造林の届出制度

 森林所有者などが森林の立木を伐採する場合、事前に伐採及び伐採後の造林の計画の届出を行うことが義務付けられています。

 市町村長が、市町村森林整備計画に適合した施業が行われるよう、届出があった計画に対し変更や遵守を命じることがあります。

 また、無届で伐採した場合等には、市町村長が伐採の中止及び造林を命じることがあります。

伐採及び伐採後の造林の届出書(Excel文書)




森林の土地所有者届出制度

 平成24年4月以降に、新たに森林と土地の所有者となった方は、市町村長への届出が義務付けられました。

(詳細は、「森林の土地を取得したときは届出が必要ですをご覧ください。)



施業の勧告

 市町村森林整備計画に従って施業が行われないと認められる場合で、市町村森林整備計画の達成のために必要なとき、

市町村長は森林所有者などに対し、施業を適切に行うよう勧告することがあります。


要間伐森林制度

 市町村森林整備計画に従って間伐等が適正に実施されていない森林であって、そもまま放置した場合には、森林の有する諸機能

に著しく支障を来たし、風害、雪害、表土の流出等が発生する恐れがあるなど、間伐等を早急に実施する必要があるもの(要間伐

森林)について、市町村長は、森林所有者に対し、実施すべき間伐等の方法及び時期を通知し、施業の実施に係る勧告等を行い

ます。また、森林所有者が市町村長による勧告に従わない場合は、都道府県知事の調停を経て、その裁定により、施業代行を

希望する者は、間伐等の森林整備を実施することができます。


森林経営計画制度

 森林経営計画は、森林所有者又は森林所有者から森林の経営の委託を受けた者が、自らが森林の経営を行う一体的なまとま

りのある森林を対象として、単独又は共同で自発的に作成する森林の施業及び保護などの計画です。

 市町村森林整備計画に適合し、一定の基準を満たす場合、市町村等による認定を受けることができます。









 

この記事に対するお問い合わせ

担当課:産業課
担当:水産林業係
TEL/FAX:0234-72-4521 / 0234-72-5896
 

山形県遊佐町役場

〒999-8301 山形県飽海郡遊佐町遊佐字舞鶴211番地 電話:0234-72-3311(代表) FAX:0234-72-3310
Copyright©Yuza Town All Rights Reserved.