パンくず・パーソナルツール(ログイン者のみ)
現在位置: ホーム 子育て・教育 保育園・幼稚園 ゆざっ子エンゼルサポート事業

ゆざっ子エンゼルサポート事業

 ~ゆざっ子エンゼルサポート事業とは~

 
 将来的な町の人口ビジョン達成のための総合戦略に基づき、平成28年度より町が独自に実施する、認定こども園・幼稚園・保育園利用者の経済的負担軽減ための支援施策です。


〇実施内容 
 
☆認定こども園・保育園の3歳児以上に係る保育料を改正し、保護者の所得に応じて「0円」もしくは「5,000円」※1とします。

☆幼稚園利用児童の補助金を拡大し、保護者の保育料負担を「実質0円」にします。※2

☆一定所得以下の世帯を対象に、町が定める基準額を上限に給食費を補助します。※3

☆多子軽減の範囲を拡大し、入園児童が同一保護者の18歳以下第3子以降等にあたる場合、保育料を「0円」とします。※4

〇事業対象施設
  町内および町外の認定こども園・幼稚園・保育園
 

〇開始時期
  平成28年4月以降の保育料等について適用します。
 

〇そ の 他
 3歳未満の児童も、年収約360万円以下の世帯で第2子にあたる場合は、保育料が「半額」に減免されます。
 

保育料等の案内について
 認定こども園・保育園の保育料は、4月中旬に保護者に通知します。
 幼稚園等に係る補助金は、必要な手続き等について、対象者に後日通知します。



※1 4月1日時点で3歳の児童が対象となります。年度途中に3歳を迎える児童は翌年度から対象になります。
  1号認定児童は「0円」、2号認定児童のうち第1階層から第3階層までが「0円」第4階層以上を「5,000円」
(第2子「2,500円」)とします。
※2 施設が設定する保育料が町の補助基準額を超える場合は、自己負担が生じます。
※3 認定こども園(教育)、幼稚園利用児童が対象となります。
※4 18才に達した日以降、最初の4月1日を迎えた児童は多子計算の対象外となります。ゆざっ子エンゼルサポート事業


 

この記事に対するお問い合わせ

担当課:健康福祉課
担当:福祉子育て支援係(子育て支援)
TEL/FAX:0234-72-5897 / 0234-72-3317
 

山形県遊佐町役場

〒999-8301 山形県飽海郡遊佐町遊佐字舞鶴211番地 電話:0234-72-3311(代表) FAX:0234-72-3310
Copyright©Yuza Town All Rights Reserved.